【第7話/超ワタル】『恐怖の絶叫マシン勝負』超ワタル感想

第7話【恐怖の絶叫マシン勝負】

また間が空いちゃった・・・先週は疲れて寝てました()
今週続けて2回観ようかな。

さてさて、今回は遊園地の街でのおはなし。
ねずみーらんどかU◎Aか、って規模で、街一面にジェットコースターが張り巡らされてます。
どうでもいいけど放映当時はU◎Aもねずみの海も存在しなかったなどと・・・。

スズメがはりきって「光の獅子」を目指して進んで行くあたり、ああマズルカと思考が似てるなwと思いましたまる。
(マズルカとは/ワタル3浮遊界編に出てくる盗賊のねぇさん)

ワタルのデフォルメ顔やゲストキャラデザインがちびまる子ちゃんっぽくみえるww
それにしてもピカスってwwwww (ゲストキャラのおじいさん)顔もピカソっぽいけども・・・w

聖樹が力持ち過ぎる件。

大人しめな作画だけど、これ改めてみると絵柄整ってるんだなー・・・当時はライブさんの作画じゃないと「ああ・・・」って溜息ついてたけど、シリーズ全体的をみたら、こっちの絵柄で統一しても良かったんじゃ・・・って思ってる。地味だけど丁寧だ・・・。あ、ライブ回は神回だと思ってますけども・・・。ていうか、あの頃の、ライブ回じゃなかったら残念がってた自分にダメ出しをしてるだけです。

話しを本編に戻して。
ドードとの絶叫勝負が面白ーい! そんなジェットコースター乗りたくないけどー!(笑)
先に絶叫した方が負けという勝負でジェットコースターに乗るワタルとドード。
てか、納豆ぶっつけられて絶叫しちゃうの、それはノーカンにしてあげてぇええええ(笑)
はー・・・ドードが可愛い・・・可愛い・・・あれ・・・?そんな可愛かったっけこの子・・・?

まあ、でも負けにされて、魔神対決に突入です。
龍神丸のボキャブラリーがもっと増えるとイイナ・・・次に言う台詞が想像できてあてちゃうよ。。

聖樹「そうだ!」←多分この回、ここではじめて喋ったと思われ。

どうでもよくないけど、必殺技を出すときのワタルの両腕が好きです。腕の一部だけ生腕が見えるとか腕フェチをころしにかかってる・・・! 超は全体的にキャラデザが可愛いのに、要所要所でアレです…子供向けアニメなのに(\ \)

ラスト、ドードがふっとばされて、一方的にワタルへの敵意がつのっていく・・・ちょっと初期からシリアス気味というか可哀そうだな・・・。茶目っ気あふれる時期だろうにな・・・。


大雑把な制作データ

総監督:井内秀治
キャラクターデザイン:芦田豊雄
企画制作:サンライズ
企画協力:レッドカンパニー

キャスト

戦部ワタル:田中真弓
忍部ヒミコ:林原めぐみ
剣部シバラク:西村知道
龍神丸/龍星丸:玄田哲章
聖樹:伊藤健太郎
スズメ:宮村優子
ドード:愛河里花子
ドラン:林延年(神奈延年)
ドルク:横山智佐
虎王/翔龍子:伊倉一恵(伊倉一寿)


[PR]
by ukairosatoka | 2017-06-19 20:46 | 魔神英雄伝ワタルシリーズ | Comments(0)
<< 【第8話/超ワタル】『超力変身... 【第6話/超ワタル】『ぶっ飛び... >>